ワキガの臭いを無くしたい

自分のワキガの臭いを無くしたいと思ったら対策を

私は耳垢が湿っているのでワキガです。実際に汗をかかなくてもワキガのにおいがするときも多々あります。

 

ただ、あまりにおいはまわりの人に気づかれることはないくらいなので、あまり重症ではないほうだと思います。しかし緊張してしまう状況になったりすると、無意識に汗をかくのか、ワキガのにおいがしてきます。

 

困ってインターネットなどでいろいろ調べた結果、「オドレミン」というものに出会いました。

 

お風呂上りなどの清潔なワキに塗布するだけです。透明なにおいもない液体なのですが、これが効果があります。

 

使ったときには感動しました。毎日付けているうちにだんだんとワキガのような臭いがしてこなくなりました。

 

今は2、3日に1回塗布するくらいです。あとは、毛抜きでワキ毛を抜かないことです。

 

前は毛抜きで抜いていたのですが、その次の日は結構な頻度で臭いがしていました。ですが、カミソリで処理するようになってからは、翌日、臭いがすることは少なくなりました。

 

おそらく、脇に強い刺激を与えることがあまり良くないことなんだなと思って、保湿などもして顔と同じように気をつかっています。

ワキガかもしれない私の対策方法

夏でも冬でも汗をかいた際に不快なニオイがする私はもしかするとワキガなのかもしれません。

 

白いシャツもすぐに洗濯せず放置すると黄色く変色しますし、耳垢も乾燥タイプではなく粘着タイプです。肌着も洗濯してもニオイが落ち切っていないこともありました。

 

冬でも緊張した際はけっこうニオイました。厚着して通気性が悪いから余計かもしれません。

 

でも、人に不快な思いをさせたりするのも嫌でした。一応?、周囲から美人と言われている私ですので、なおさらワキガと思われたくないと必死でした。

 

自分なりに試行錯誤を繰り返しましたので今回は少しご紹介したいと思います。

 

まず、制汗剤、これはマストですね。私は夜寝る前と朝出掛ける前と二回しています。

 

出先で汗をかいたら汗の拭きとりシートやウェットティッシュで脇をきれいに拭く。そのあとで制汗剤をします。

 

かいた汗の上から制汗剤をするより、一度脇をきれいにしてからする方が断然効果があります。

 

ちなみに、ドラッグストアに並んでいる制汗剤を色々と試しましたが、効果があると思われるのは「銀」入りの製品でした。効果が長持ちします。

 

少しお高めでセールになっていないことも多いですが一度お試し頂ければ、と思います。

ワキガの臭いの発生源を清潔に保ち続けることが大事

手術が怖いので、ずっとワキガと付き合っていく覚悟を持っています。人から臭いと言われたことはありませんが、ワキガ体質の私でも気になる臭いなので誰かを不快な気持ちにさせていると思います。

 

デリケートな問題に触れる人がいない環境にあぐらをかくことは嫌いなので、自分なりにワキガの臭いを抑える努力は怠りません。

 

仕事がある日でも、30分に一度はお手洗いで脇を清潔に保つようにしています。殺菌作用があるウェットティッシュで、脇を丁寧に拭くのです。

 

幸いにもデスクワークで自由に席を立つことが許されているのですが、念のため上司に事情を説明しています。

 

脇を定期的に拭くことによって、ワキガの臭いを抑えることに成功していると実感できた出来事があります。

 

同姓の上司から、私が入社したときと比べるとワキガの臭いが全く気にならなくなったと言われたのです。

 

ワキガ対策の結果が出ていることを知ったので、私の努力が実を結んでいるのだと感じました。

ワキガがバレないようにする方法

ワキガだってまわりにバレないようにするためには、ちょっとした工夫が必要になってきます。
しかし、コツをつかめば手術なしでもニオイを抑えることができるのです。3つのポイントを紹介します。

 

①服の素材は自然のものをチョイス。まず一番大切なことは、服の素材に気をつかうです。
ポリエステルやポリウレタンなどの合成繊維の服は、ニオイが服の中にこもってしまうのでNGです。
綿や麻などの自然素材の物なら通気性もよく、ニオイがこもらないのでオススメです。

 

②汗をこまめにふき取る。汗をかいたら、ニオイが発生する前にすぐにふき取ることが大切です。
便利なのが、汗拭きシートですが香り付きのものはワキ汗のニオイと混ざって変なニオイになってしまいます。
無香料タイプで、汗を抑える効果が大きいものを選びましょう。

 

③なるべくお肉は控えめに。肉や刺激物、ニオイの強いものを食べ過ぎないように注意しましょう。
肉よりも魚を選ぶことで、ニオイを元から断つことができます。

 

わきがの治し方で効果的なのは