クレジットカードの仕組み

クレジットカード会社は様々な所から利益を得ています。
例えば加盟店からの手数料収入です。
加盟店からの手数料収入とは、加盟店で買い物したお金をクレジットカードで支払った分の手数料の3パーセントから7パーセントが、クレジットカード会社の手数料として入ります。
手数料の3パーセントから7パーセントは一定ではなく、クレジット会社と加盟店の契約の際に取り決められています。
一般的に利益率の低いスーパーなどの業種の場合には低く、利益率の高い業種の場合には比較的高くなっている傾向が強くなっています。

この手数料は、クレジットカードを使用する人は意識する必要はありませんが、手数料は販売店が手数料として支払っています。
2015年現在、クレジットカードが使用できないという場合には、それだけで集客チャンスを逃してしまう事もありますので、加盟店は集客の面から、クレジット会社は収益の面から、ショッピングをしている側はその利便性から、全ての関係者に利益のある仕組みになっています。

特に加盟店の立場から考えてみると、たくさんの現金を扱う店舗では、レジに多額の現金を置いておく事は防犯上の問題もありますし、カードでの収入が増える事でお金の管理も楽になります。
また、クレジットカードマイルやポイントを貯めている人や、出費をできる限り一本化したい人、クレジットカードを家計簿がわりにしている人も沢山いますので、他店との差別化を考えた時に、カードを使えないと顧客満足度が下がってしまい、集客にも繋がりません。
クレジットカードを使用する上で、あまり手数料などは気にしませんが、覚えておいた方がよいであろう内容をまとめてみましたので、是非チェックしてください。